静岡聖ペテロ教会(日本聖公会横浜教区)Shizuoka St.Peter's Anglican Church, Shizuoka

TEL・FAX 054-246-8013日曜礼拝:早朝聖餐式 午前7時30分~、午前11時~ Regular Sunday Services 7:30a.m. / 11:00a.m Eucharist

今月の聖書

≪今月の福音書≫ ヨハネによる福音書 4:5以下 
 
「求めること」            牧師 司祭 シモン 長野 睦

 今年は復活日が4月20日と比較的遅い日にちですので大斎も3月5日と遅く入りました。今年の大斎節もともに修養に励み、喜びのイースターをお迎えしたいと思います。予定にもありますように今年は小菅麻起子さんと小林恵美子さんに感話をお願いしてあります。また大斎節の小講話は「教会暦」について短かな話を4回予定しています。
 今月選びました福音書では主イエス様は弟子たちと共に旅をしておられます。そのたびは希望に燃えた楽しい旅ではなかったようです。教会暦は大斎節に入りますと十字架に向けての日々を過ごすようになりますが、主イエス様と弟子たちの旅もむしろ落ちのびていくような旅だったも知れません。肉体的疲労はもちろん精神的な疲労も相当あったのではないでしょうか。空腹とのどの渇きの極みの昼の12時ごろでした。
 昼の12時ごろ女性がひとりで水を汲みにくるということは異常なことだとされています。その人目を避けなければならない事情は主イエス様との対話の中で明らかにされていきます。そして水を求めることから始まったこの会話は命に至る水に発展していきます。主イエス様は求める者から与える者へと変わっていきます。この女性の「それをください」という強い求め、たとえそれが「またここに汲みに来なくてもいいように、その水をください」という誤解があったとしても、それは強い信仰の第1歩であるように思います。私たちも率直に求めるもの、求め続けるものでありたいと思います。 
 主イエス様は山上の説教で「求めなさい。そうすれば与えられる。捜しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれば開かれる。だれでも求めるものは受け、さがすものは見つけ、門をたたくものは開かれる。」と教えておられます。大斎節はまさしくこの求める、さがす、たたく期節なのではないでしょうか。共に努めてまいりたいと思います。

静岡聖ペテロ教会HPへ

facebook開設しました。
twitterで発信してます。


f:id:peterochurch:20140310123835j:plain

広告を非表示にする