静岡聖ペテロ教会(日本聖公会横浜教区)Shizuoka St.Peter's Anglican Church, Shizuoka

TEL・FAX 054-246-8013日曜礼拝:早朝聖餐式 午前7時30分~、午前11時~ Regular Sunday Services 7:30a.m. / 11:00a.m Eucharist

今月の聖書

≪今月の福音書≫ ヨハネによる福音書 14:1~
  心を騒がせるな
           牧師 司祭 シモン 長野 睦

 主の復活を過ぎ、ご昇天の時を待ち望むときを過ごしています。本日の日課の福音書は主イエス様が最後の晩餐の席で語られた告別の説教の一部ですが、この部分は葬儀で読まれる福音書でもありますからそれぞれの方の葬儀と重ね合わせながら読まれる方も多いと思います。
 主イエス様は「心を騒がせるな。神を信じなさい。そしてわたしをも信じなさい。」と命じておられます。「心を騒がせる」とは言語では嵐で海上の水が激しく波立ち乱れる様子を表す言葉だそうですが、ばらばらに千切れるという言う意味を持つそうです。心を騒がせないようにということは、心がばらばらにされないように、分裂されないようにということです。
 今日、人間の心も体も社会もばらばらであり、職場や家庭でもさまざまな思いや衝突矛盾を抱え込んでいます。そのような中からは不安、恐れ、怒り言った思いにわたしたちの心は占められているように思います。さらには差別や偏見があり、争いがあります。教会の中にもあるかもしれません。信仰とはそれらをうまく調和させることでも、全てを覆い隠すことでもなく、それら多くのものの中から一つを選択する勇気と決断を持つことです。主イエス様はこの「心を騒がせるな」ということを高いところから平然と語られているのではありません。主イエス様ご自身さまざまな苦悩の中に「心を騒がせた」のではないでしょうか。ラザロの死に際して、ユダの裏切りに大して、十字架の御苦しみに際して、誰にも増して心を騒がせられたのだと思います。そのイエス様が最後に望んで弟子たちに、そして今この聖書に接する私たちに「心を騒がせるな」と励ましていてくださるのです。わたしを通らなければ誰も父のもとにいくことはできない、と教えられます。私たちも主イエス様という「道を通って父のもとに行きたいと思います。


静岡聖ペテロ教会HPへ

facebook開設しました。
twitterで発信してます。f:id:peterochurch:20140508183448j:plain

広告を非表示にする