静岡聖ペテロ教会(日本聖公会横浜教区)Shizuoka St.Peter's Anglican Church, Shizuoka

TEL・FAX 054-246-8013日曜礼拝:早朝聖餐式 午前7時30分~、午前11時~ Regular Sunday Services 7:30a.m. / 11:00a.m Eucharist

今月の聖書

≪今月の福音書≫  ヨハネによる福音書10:22~ (復活節第4主日
  わたしの業によって

                     牧師 司祭 シモン 長野 睦
 何回も書いていることですが、今年はイースターが早かったので教会暦も足早に歩みを進めていきます。
 福音書の初めに「神殿奉献記念祭」とありました。前の口語訳聖書では「宮きよめの祭り」と記されていました。「冬であった」と記されているように、12月ごろの冬の祭りであったようです。エルサレムの神殿で行われたユダヤの国民的な祭りでした。この祭りはユダヤ人にとって忘れることのできない戦争の記憶が裏付けとなっていました。これはシリアの王アンテオコス4世が、紀元前168年に大軍をもってエルサレムを攻め、神殿のあらゆる宝物を略奪したうえ、ユダヤの律法に従って犠牲をささげることを禁じ、多くの民を殺し、1万にも及ぶ捕虜を連れ去り、建物に火を放ち、城壁を打倒したばかりでなく、ユダヤ人がもっともけがれた動物として忌み嫌っていた豚をそのうえで犠牲としてささげるということをしたのでした。
このような状況から神殿を取り戻したのは祭司マタティアと5人の息子たちでした。続編のマカバイ記に記されています。こ。の福音書はこのような背景を持ったものでした。イエス様の時代も依然として憎むべき外国の支配下にあるいらだちともどかしさの中に当時の人々は生活していたのでしょう。ユダヤ人たちのイエス様への言葉にいらだちを感じ取ることができます。
「私が父の名によって行う業」この「わざ」とは具体的な個々の出来事というよりも、広く主イエス様の御業、行為、存在そのものを指しておられるのでしょう。それを信じるか否かが問われているのです。
もし、神を、主イエス様を真の救い主、真の羊飼いと信じていれば、当然その声を聴き分けることができるのです。私たちもこの主イエス様を唯一の救い主、羊飼いとしてその御業とみ言葉に従ってまいりたいと思います。
f:id:peterochurch:20160407212122j:plain

静岡聖ペテロ教会HPへ

facebook

twitterで発信してます。

広告を非表示にする