静岡聖ペテロ教会(日本聖公会横浜教区)Shizuoka St.Peter's Anglican Church, Shizuoka

TEL・FAX 054-246-8013日曜礼拝:早朝聖餐式 午前7時30分~、午前11時~ Regular Sunday Services 7:30a.m. / 11:00a.m Eucharist

今月の聖書

≪今月の福音書≫  ルカによる福音書21:5~19(特定28)
世の終わりの時
               牧師 司祭 シモン 長野 睦
 11月も半ばになろうとしています。今月の最後の主日には降臨節第1主日に入ります。今年もいよいよクリスマスを迎える準備の時に入ります。年の瀬というにはもう少しという感じがありますが、この季節はこれから気ぜわしい季節になります。私たちは心を引き締めながら主をお迎えする準備に入りたいと思います。
 この主日福音書には、主イエス様によって世の終わりの時のしるしや様子についての警告の言葉が記されていました。世の中の様々な不安な様相や出来事とは裏腹にエルサレムの神殿は見事な石と様々な奉納物で飾られている。そしてそれに対する人々の賞賛。イエス様はこのようなエルサレムの様子の中に神の御心とご計画を知らず、知ろうともしないで神殿を飾り立てている人々に対する憤りと嘆きを感じ取ることができます。直接的にはこの主イエス様の言葉はエルサレムの崩壊の予言ですが、これは実際に紀元70年に起こりました。しかし、人々と主イエス様の対話はこのようにエルサレムの神殿の崩壊だけではなく、さらに大きく世の終わりの預言にまで広げられていきます。
 当時のイスラエルはローマの支配の苦難の中にあって熱狂的な終末の期待が一部にあったといわれます。具体的な毎日の生活の中に、戦争、地震、疫病、飢饉などに直面していたら、早くこの苦しい世界が終わり、新しい世界が始まることに誰でも期待を寄せるのは当然のことかもしれません。そしてこれらの様々な現象が終末の予表として受けとめられていたのです。
 今日の私たちもこの福音書から遠く離れたところにいるのではないことに気づきます。主イエス様は終末の時は誰も知らない。御子であるご自身すら知らないとおっしゃっておられます。それは父なる神のみがご存じであり、神の救いのご計画が備えられていると教えられます。私たちは常に再臨のキリストを待ち望む緊張感を持ちながら日々を過ごしてまいりたいと思います。

f:id:peterochurch:20161115192917j:plain


静岡聖ペテロ教会HPへ

facebook

twitterで発信してます。

広告を非表示にする