静岡聖ペテロ教会(日本聖公会横浜教区)Shizuoka St.Peter's Anglican Church, Shizuoka

TEL・FAX 054-246-8013日曜礼拝:早朝聖餐式 午前7時30分~、午前11時~ Regular Sunday Services 7:30a.m. / 11:00a.m Eucharist

今月の聖書

≪今月の福音書≫  マタイによる福音書11:2~11(降臨節第3主日
クリスマスを迎える
              牧師 司祭 シモン 長野 睦
 私たちが毎年、毎年迎えるクリスマス。どんなに忙しい年であっても、あるいは何もすることがない日々であっても、期節ごとに年は移っていきます。そして若いころに比べてその時間の経過は本当に早く感じます。若いころ、お年寄りの方から年を取ると一年過ぎるのが本当に早いと伺ったことがあります。このことを実感として感じ取れるようになってからもう何年過ぎただろうかと考えるこの頃です。
 このような年の暮れに私たちはクリスマスを迎えます。クリスマスは言うまでもなく救い主イエス・キリストの誕生をお祝いするときです。ですから私たちは毎年迎えるクリスマスであっても、毎年新たな気持ちで救い主をお迎えいたします。私たちはこの一年を振り返りますと、大きな出来事のあった方はもちろん、たとえ何もないような平凡な年であったとしても、少し意識して考えてみますと、実に様々な出来事を見出すことができます。苦しいことも喜びもあった一年です。私たちはこのような思いの中にクリスマスを迎えようとしています。
 クリスマスは主イエス様の誕生を喜び、再臨を待ち望む祝日です。教会暦はこのあと1月1日を「主イエス命名日」として祝い、そのあと主イエス様と共に歩んでまいります。まさしく主イエス様と共に新しい一年が始まります。主イエス様と共にこの一年を締めくくり、主イエス様と共に新しい一年を歩みたいと思います。
 この日の福音書は洗礼者ヨハネの迷いが記されていました。ヨハネは獄中にあって悩み、迷っています。もしかするとこのヨハネの迷いは私たちの迷いであるかもしれません。私たちもクリスマスはクリスマスの行事としてやり過ごしながら、心の奥では違う何かを待っているのかもしれません。キリストと共に生きるよりもそれを阻害し、あるいはそれ以外に求めるものが多くあるのかもしれません。私たちは(私は)今年のクリスマス、このことをゆっくり考えていきたいと思います。そして喜びをもってともに喜びのクリスマスをお迎えいたしましょう。
f:id:peterochurch:20161208202122j:plain

静岡聖ペテロ教会HPへ

facebook

twitterで発信してます。

広告を非表示にする